10代のAGA対策はどうすればいい?という若者が増えているのは事実

10代から抜け毛・薄毛を発症してしまうと、適用できるAGA治療が非常に限られているため、いっそう深刻な状況になります。しかも貴重な青春時代がずっとコンプレックスを抱えたまま過ぎ去ってしまうのは身を切られる思いでしょう。

10代のAGA対策はどうすればいい?という若者が増えているのは事実

10代の若ハゲでも、全く手のうちようがないことはありません。使用できる成分には制限があるものの、市販の育毛剤の中には10代でも安全に使用できる商品がいくつかあります。

■どんな育毛剤を選べば良いのか?
一般的な男性向けの育毛剤では、未成年に対して効き目が過剰で副作用の危険性のほうが大きくなってしまいます。そこで、人体にきわめて安全なことが認められている厚生労働省認可の医薬部外品であるのが条件になります。

若いうちのAGA発症ならすぐにでも対策をすれば取り返しの付かない事態にはならないので、焦らず毎日育毛剤でケアをしていきましょう。

自毛植毛や頭皮への強力な薬剤注射は未成年の体にとって負担が大きいので、それらの治療は成人になってから検討しても遅くはありません。

■未成年におすすめの育毛剤成分
安全な育毛剤を使っていても効き目が薄ければ意味がありません。更に確実に育毛効果を期待するのなら、最低でも「血行を促進する成分」と、「悪玉男性ホルモンの活性化を低下させる成分」が入っている商品を選んでください。

若ハゲの根本的な原因に直接的にアプローチするとともに、健康的な頭皮の環境を作る働きがあるので、実感のレベルもぜんぜん違うはずです。

そしてできれば、無添加で敏感肌にも影響が出ない商品が望ましいです。いきなり使用するのが心配なら、他の皮膚にパッチテストをしてみて地肌との相性を確かめておきましょう。